工藤祐子展を終えて

工藤祐子展を終えて

2019年10月2日|アート, ブログ, 未分類|0 comments

工藤祐子展にお越しの皆様、お忙しい中お時間を作っていただき私の個展を観にきてくださって本当にありがとうございます。

この度の個展は、私にとってとても大切な個展となりました。副題となっている『わたしは、わたしと融合しひとつとなる』ということがやっとできた気がします。今まで描いた日本画の作品、水彩画、パステル画、表現アートセラピーで描いた自分の想いのかけらたちを一つ一つ大切に新たな作品に生まれ変わらせて展示しました。改めて観てみると全てが私でした。全ての作品の中に『わたし』がいました。

個展会場の真ん中の柱には、『わたしのなかのわたしたち』と名付けたトーテムポールが立ち、その周りを作品が時系列のように並んでいます。トーテムポールのようだと思ったのは、その中の絵たちが私の中のにいる全ての登場人物だったからでした。観に来てくださったお友達が個展会場全体が「ゆーこさんの人生のタイムラインのようだね」と言ってくれました。学校の美術の授業でいつも一緒に切磋琢磨しているお友達は、「暗闇の中でも、眩しい太陽の元でも感じる『光』。そして、『内なる自己』」を表現しているんだねって言ってくれました。それを聞くと涙があふれてきます。大きなテーマは、学生の頃から『光と闇』『自分とは?』ということだったように思います。

数年前まで、私は、自分の作品が自分の作品でないような自己不一致のような感覚に陥っていました。私は、私を探していました。絵を描くことができない!これは、わたしの絵ではない!わたしの気持ちや想いはいったいどこにあるんだろう、、、と本当にそう思っていたのです。でも、それは違っていました。いつもわたしはわたしと一緒にいて、描いている絵は『わたし』を表していました。そうだったんだなぁとわかりました。

一番最後に描いた『こころの灯台』では、大分の蒲江というところにある灯台をスケッチしに行きました。私に会いに行く旅のような感覚でした。幼い頃過ごした町の灯台。実際に行って、灯台を観てスケッチしましたが、大きさのギャップに驚きました。小さい頃は、とてもとても大きかった灯台が今はとても小さく見えたからです。実際にスケッチしましたが、私は、心のなかにみえている灯台を描こうと思いました。蒲江での日々は、私にとって、愛あり、笑いあり、海あり、波ありの楽しい日々でした。家族の愛は、ずっとあったんだなぁと思います。ずっとみていた防波堤の夢の景色もここでした。行った時に「ここだ!」ってわかりました。こころの灯台の明かりは、私を導いてくれる私の原風景だと思います。大切にしたい。

これからは、また日本画も描いていこうと思います。

皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

心からの感謝の気持ちをこめて、、、。ありがとうございます。

工藤祐子

Share this Post:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*